フジレメックのロゴ

フジレメックの金型より生まれた製品が
暮らしの中で活躍しています。

この家でもフジレメックから生まれた製品が活躍している。

金型から生まれる美しいデザイン。精巧な製品がくらしを豊かにしています。

図解でみる 金型の製造工程

日本の元気、日本のものづくり

弊社では、焼入材を使用した プラスチック金型 の製造が大勢を占めており、
特にHRC60前後の 高硬度材(HPM31 PD613等) を使用した金型の割合が増えております。
弊社は従来から焼入材(HPM38 STAVAX等)を使用した精密金型製作を基本としており、
以前より、PPS(ポリフェニレンサルファイド)樹脂の焼入れ型も数多く手掛けています。
pps 樹脂、peek 樹脂は、ガスが発生しやすく、バリが出やすく、難しい成形材料ですが、
多数の pps金型 を長年製作してきた実績があり、お客様の信頼にお応えいたします。
金属製品から樹脂への置き換えや、熱硬化性樹脂の代替として、用途が拡大していますので、
今後も、PPS金型 PEEK金型 等で 『金属製品を樹脂化したい』お客様のサポートを継続し、
更なる高硬度化(ELMAX ASP23等)への対応にもお応え致します。
他にも、各種 金属インサート や、アウトサート 金型、樹脂インサート 金型 など、
数多くの実績があり、二色成形 金型 の 製作も致します。
また、ネジ抜き 金型 や、歯車 金型、ヘリカルギヤ 金型 など、幅広く対応致しますので、
一度、お問い合わせ頂ければ幸いです。

常にレベルの高い技術を探求し続け、高精度・高耐久・長寿命の金型製作で
お客様にご満足頂ける様にこれからも努めて参ります。